100年に一度の不況が与えた影響

100年に一度の不況が与えた影響

100年に一度と言われたリーマン・ショックによる世界中に大きな影響を与えた金融不況に加えて1000年に一度という東日本大震災に被災した日本の国はデフレを伴う未曾有の不況に見まわれました。

 

名駅のおしゃれな居酒屋、小料理バル ドメ

 

不況に弱い体質を持った飲食豪快が受けた影響は計り知れないほど大きく、数多くの飲食店が倒産の憂き目にない閉鎖やむなしになりました。

 

特に大きく不況の影響を受けたのは企業等の交際費を使った接待を就寝に狙ってきた高級料亭や高級レストランでした。

 

一旦、不況風が吹きますと各企業はあらゆる経費の削減を行いますが、そのやり玉に真っ先に上がりますのが交際費でになりますので交際費予算の削減や接待の禁止を行います。

 

また、リーマン・ショック後は日本での企業活動を諦めた外資系の企業はさっさと日本を諦めて本国に資本も人材も引き上げて行きました。

 

難波の飲み会は個室がある居酒屋で!

 

これらの金融業を中心とした外資系企業が日本で経済活動を活発にしていた間は、日本の企業との間で相互に信仰を深める名目で接待合戦を繰り広げれていました。

 

頭狂では銀座や六本木、赤坂などの高級日本料亭や高級フレンチ、イタリアンなどで高額な料理や酒を飲んで楽しんでおりましたので、このおかげで結構潤っていた高級店が多くありました。

 

梅田で飲み会ならこの個室居酒屋

 

これらの接待利用も一気になくなりましたので高級料亭やレストランでは対策に大わらわになりましたが簡単には路線の切り替えができないので閉館になった店も多くあります。

 

このような時代になりますとテレビや雑誌などのマスコミも一斉に低価格の庶民の人気飲食店をアピールし始めて、それまで煽ってきた高級グルメ店などは見向きもしなくなります。