飲食業は地道にコツコツとやる仕事です

飲食業は地道にコツコツとやる仕事です

飲食店の経営は不景気には弱い業種の一つで有ると言えます。

 

不景気に突入しますと全ての企業も個人の方々も使うお金を節約して企業利益の確保にも個人の生活防衛のためにも必死になります。

 

川崎 居酒屋 陣

 

真っ先に節約の対象としてやり玉に上がってくるのが、個人では外食費や衣類などの購入になりますし企業では交際費の使用での接待費の削減になります。

 

ですから、飲食業は経費削減の影響を受けますので不況に対しては弱い体質なのです。

 

特に現代の日本は外国と比較しても人口に対する飲食店の供給が多い国ですので過当競争のために景気が良い時でも厳しいものがあります。

 

日本では年間に12万〜15万件もの飲食店の閉鎖がありますが、同時に10万件以上の新規の飲食店がオープンされている状態でもあります。

 

外から見ると飲食店経営は華やかで儲かるように感じるのかもしれませんが、実際には利益を上げているのは全体の中でも極わずかなパーセンテージなのが実情です。

 

立川 居酒屋は安くてオススメ

 

実際には厳しい状態の飲食店の経営ですが、不況の中で生き残ってゆくには「美味しい料理とサービス、加えて清潔で素敵な雰囲気」を保ってできるだけ低価格で売る努力が必須になります。

 

不況に強い飲食業の形態は基本的に「安くて美味しい」につきます。

 

いくら美味しくても不況の中では高額なものは相手にされません。

 

茜屋 〜AKANEYA〜上野店

 

不況だけでなく現代の日本は少子高齢化の時代に入っておりますので、高齢者は仕事上の接待もありませんし食べられる量も少なく、収入に限度がありますので消費する金額も低額になります。

 

上記のような条件を考えますと飲食業で大きく利益を上げることは難しい時代ですので地道に周辺のお得意様を大切にすることが基本になります。