居酒屋の料理は和食の職人が作る

居酒屋の料理は和食の職人が作る

何言っても居酒屋の定番で人気のあるメニューは、和食系のメニューである鮮魚類のお造りの盛り合わせと焼き鳥、煮物、揚げ物などの和食メニューが中心になっていますので必然的に大部分の居酒屋では和食の調理人が調理するケースが多くなっています。

 

また、世界の調理人の中で日本料理の調理人が最も融通がきく技術を持っていますので、世界中の大抵の料理でもレシピさえあれば上手に作ってくれます。

 

http://shibuya-miyako.com/

 

特に和食職人の修行は世界の料理の中でも最も基礎的な技術に時間をかけて修行してきております。

 

料理に必要な「切る」「煮る」「焼く」「揚げる」「蒸す」「炒める」・・などの技術は世界料理の調理人の中で最も優れた技術を持っていると言えます。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13152619/

 

また、刺し身などの生物を扱うための衛生教育も厳しく身につけていますので、安心出来ます。

 

特に刺し身関係は包丁技術の良し悪しだけでなく肴類の特徴や骨の処理及び切り方で非常に出来上がりと食感もおおきく違いますし、何よりも食中毒などの衛生面の知識が無いと恐ろしい事になります。

 

三宮で話題の個室がある居酒屋

 

さらに、お吸い物や煮物などに必要な昆布出汁やカツオ節の扱い方も日本料理を勉強していませんと外国の料理人には出来ない技術になります。

 

このように居酒屋メニューを考える時には調理人が和食の職人であることを念頭に置いた上でメニューの構成を考えるべきでしょう。