カフェほど不況に強い業体はない?!

カフェほど不況に強い業体はない?!

一日のうちで空いている時間を見つけるのが難しいほど、カフェはいつ行っても混んでいます。
混んでいるカフェの代表格のスターバックスコーヒーは、開店前にはお客さんが並び、昼間には店内に入りきれないお客さんが仕方なく持ち帰りにしている光景をよく見かけます。
不況の時代でも、スターバックスコーヒーは順調な営業をしているようです。

 

純粋にコーヒーの味を楽しみたい人の他に、スターバックスコーヒーの店内の雰囲気が好きなので訪れてしまうという方も多いでしょう。
店員さんの接客の良さがたびたびメディアの話題に上るほど、スターバックスコーヒーの社員教育は素晴らしいものがありますね。

 

スターバックスコーヒーで働くことに意義を見出している社員が多いように見受けられます。
気持ちの良い接客をされると、お客さんとしても嬉しいものですよね。
スターバックスコーヒーは別格としても、サンマルクカフェやドトールコーヒーショップなどのカフェも不況にもかかわらず混んでいる光景が当たり前のものになっています。

 

飲食業の中でもカフェという業体がこれほど強いのはいくつかの理由がありそうです。
その一つは、景気の動向に関係なく、お友達とゆったりと話しをするスペースや、営業の合間のリラックスタイムなど、それぞれの世代にとって必要とされているスペースが確保されるからなのでしょう。

 

いつの時代でも、人が集まって楽しく歓談する場所は必ず必要です。
気軽におしゃべりができるカフェは、これからもますます流行っていくと思われます。