不況に強いケータリング

不況に強いケータリング

昔ながらの仕出し弁当屋に代わって人気を集めているのがケータリング業界です。
仕出し弁当屋が配達してくれるものといえば、代わり映えのしないオカズが並んだ幕の内弁当や、フライものなどの仕出し料理が中心でした。

 

お花見や会議などの調理の出来ない場所に、とりあえず食べ物を並べるという要望を叶えることが一番だったために、味の美味しさやラインナップなどは二の次だったのです。
今のケータリング業界が不況に強い業態に生まれ変わったのは、旧態依然として仕出し弁当屋から脱却したからといえるでしょう。

 

不況の影響を受けている会社は、飲み会を居酒屋などの店舗ではなく、会社の中の会議室で行うことも増えてきました。
会議室で行う飲み会に必要なのは、美味しい料理を宅配してくれるケータリングです。
昔に仕出し料理とは違って、今のケータリングには味に一工夫されていて、バリエーションが多いのも特徴の一つ。

 

一流レストランで修行をしたシェフが作るケータリングは、それこそレストランで食べるのと変わらない美味しさで人気を集めています。
また、唐揚げなどの定番料理に加えて、ローストビーフやキッシュなど、レストランで味わうようなフレンチやイタリアンなどを宅配してくれることも珍しくありません。

 

不況をものともしないケータリング業界には、このような秘密があったのです。
不況でも必要とされている業体が必ずあるはずです。
仕出し弁当屋から今の時代に合わせて変化したからこそ生き残ったのがケータリング。
飲食業に携わっている方は参考になりますね。
こちらの最近話題ケータリングなどは一度たのんでみるのもいいかもしれません。