寿司の中でも回転寿司という業体はどうでしょう。

寿司の中でも回転寿司という業体はどうでしょう。

にぎり鮨の店というと、高級店のイメージがあります。
不況によって外食を控える層の影響をまともに受けそうですが、業体によって違いがあるようです。
地域に根ざしている昔ながらのにぎり鮨店の中には、不況によって店を閉めたところも多いですね。

 

高級店のイメージから急転回をするわけにもいかず、景気の波を敏感に感じ取れなかった店は撤退することになってしまうのでしょう。
そのような寿司業界でも、不況に強いのが回転寿司です。
といっても、同じ回転寿司店でも、街の商店街を見てみると不況に強い店とそうでない店とがあるようです。

 

不況下でも人気が衰えない人気の回転寿司は、しっかりと店の特色を打ち出していたり、幅広い世代に訴える施策を行っていたりと様々な工夫をしているようです。
ある大手の回転寿司チェーン店は、電車や車で多くの家族連れが駆けつける人気店。

 

食べた皿の数に応じたプレゼントを配ったり、電話で席の予約が出来きたりすると家族に喜ばれています。
一方、不況の影響を受けているのか、空席が目立つ回転寿司の店は、旧態依然とした店構えが昔ながらの回転寿司店を連想させます。

 

回転寿司という業体そのものは不況に強い業種ではありますが、最低限の経営努力を怠るような店舗では有利な業体を活かすこともできないでしょう。

 

いずれにしろ、不況に強い業体というのは飲食業界に限らず、どの業種にもあるはずです。
飲食業は、生活に直結する業種なだけに景気に左右されやすい部類だと言うことができるでしょう。
最近はhttp://shibuya-garden-hana.com/渋谷のイタリアンなどは非常に勢いを感じています。