日本人の口に合うイタリアン

日本人の口に合うイタリアン

フレンチは高いけど、イタリアンは安くて美味しいのにオシャレなので女性にも人気です。

 

またピザやパスタなど、ボリュームも多いため、
男性でも満足でき、デートにもおススメです。

 

特にカジュアルイタリアンのお店なら、
リーズナブルな価格で美味しい料理を食べる事が可能です。

 

そもそも日本とイタリアは、海に囲まれた国で、
魚介類が豊富だという立地条件が似ています。

 

また素材を生かしたシンプルな料理が多いという点でも、
和食との類似点があります。

 

そのため味付けが似ているという訳ではありませんが、
イタリアン料理は日本人の口によく合うと言えるでしょう。

 

イタリアンの食材の特徴はトマトやアンチョビを多用している事です。
アンチョビとは、魚を加工して作られた調味料で、
これもまた和食のカツオブシで作らたダシの素と似ています。
どちらも調味料を加える事で、味に深みを出す事ができます。

 

フレンチのもととなったと言われるイタリアンでは、もちろん高級料理も存在します。
コース料理中心の高級料理店は、リストランテと呼ばれます。

 

他にもアラカルト料理中心のオステリア、
家庭料理を出す大衆食堂のトラットリア、
そしてピザやパスタ、ジェラートの専門店など、
複数の種類のイタリアンが存在します。

 

フレンチは高級フレンチしか日本に伝わっていませんが、
イタリアンはリストランテだけでなく、トラットリアや専門店も伝わっています。
リーズナブルな価格で楽しめるイタリアンのお店が多いのは、そのためだと言えるでしょう。

 

つまりイタリアンはバラエティ豊富で、
高いお店から安いお店まで選択肢が広いのです。