安易な値上げしないでお得意様を大切に

安易な値上げしないでお得意様を大切に

不況に強い飲食の業態が何かについて質問を受けることがありますが、マクロ的には今回のような長く続くデフレ型の不景気の時には、高級路線の新色店は特に厳しい環境に置かれてしまいますが、その他の飲食店を左右するものは飲食店の立地と周辺地域に住んでいる客層と地域の企業等との需要と供給の問題が一番大きく影響します。

 

当然のことですが景気が悪い時にはお客様の方も先行きの心配がありますのでお金を使うことに対して用心深くなっていますので、飲食店側もできるだけ経費などの削減をしてメニュー金額の引き下げをするべきでしょう。

 

博多で美味しい料理を食べるならコチラのお店がオススメです!

 

お客様は見ていないようで日頃自分たちが食べるメニュー金額は頭に入っています。

 

不況時だから少しぐらいは値上げして利益を確保したいと考えるのは人の常ですが、不況時には苦しくても少しでも値下げすることでお客様の信頼を得ることができます。

 

安易な値上げは大切なお得意様の反感を買うだけで結果的には顧客を喪失する危険があります。

 

全席個室×隠れ家 天草 〜Amakusa〜 横浜駅前店

 

実際にわずかな値上げをしたために飲食店の経営思想に疑問をいだいて来てくれなくなる例が多くあります。

 

不況時で一番大切なことは不況の中でも来てくださるお客様を大切にすることが一番です。

 

串揚げ えん

 

経費の節減については従業員全員で知恵を出しあって飲食物の材料の仕入れについても研究して決して鮮度を落とすこと無く少しでも低い金額で購入する努力から始まって、全ての経費項目を一つずつ節約する努力をします。

 

人件費についても同じ事ですが、出来る限り少人数で効率よく頑張ることは重要です。

 

人件費の雪原効果を上げるためには営業時間の見直しも必要で、一日に1時間づつでもお客様のいない営業時間を短縮することも必要でしょう。