近隣周辺のお得意様を満足させる

近隣周辺のお得意様を満足させる

現在の日本は不況に加えて少子高齢化という人口構造の問題も抱えて苦しんでおります。

 

高齢社の真数が増えて支えるべき若い方の人数が減少していますので年金の財源問題も国家予算上の大きな問題にあっておりますし、高齢社のための医療費や介護施設の問題も待ったなしの状態になっています。

 

飲食業界に於きましても単なる不況だけの問題ではなく高齢人口の増加が影を落とし始めています。

 

新潟の居酒屋は個室の雰囲気が良いです。

 

高齢者は収入の面でも年金などの限られた中でのやりくりになりますので外食に大きな金額を支払うことができませんし、一回に食べる量も減っていますので必然的に飲食店での消費金額も低くなります。

 

茜屋 〜akaneya〜 新宿東口駅前店

 

また、高齢社の健康に対する意識は高いので栄養の面でもカロリーの面でも若い方とは違います。

 

上記のように現代での飲食業界はデフレと不況に加えて人口構成からくる問題も大きく影響しておりますので、飲食店の経営には多くの課題があるとも言えます。

 

企業関係の交際費による飲食需要とコンパや同窓会などのグループ需要以外の飲食店の基本的なお客様は個人の懐からの出費になりますので「金額的に使いやすい」と「何回食べても飽きさせない」「親しみのある親切なサービス」が重要なポイントになります。

 

梅田の居酒屋 本陣は最大80名様まで個室利用ができます

 

特に東日本大震災の時の交通パニックで帰宅できなかった経験からトラウマもありますし、飲酒運転はできない時代ですので、必然的に多くの方は自宅近辺の飲食店にゆくか仕事帰りの駅の近くの飲食店を選択する傾向にあります。

 

また高齢社の方は特に近隣の飲食店で済ましたいのですから、飲食店側は近隣周辺のお得意様の求める内容を満足させることが成功の秘訣です。